新卒採用 VOICE

2019年4月に入社した新入社員2名が、入社の決め手となったインターンシップでの経験や日本商業開発で実現したい目標などを語り合いました。

Career Session 第3期生動画インタビュー

日本商業開発との運命的な出会いと、入社への思いが募ったインターンシップ。

伊集院

伊集院

幅広い業界の企業説明会やインターンシップに参加するうちに、仕事の結果が形になる不動産業界に関心を持ち、スケールの大きなプロジェクトに携わることができる大手デベロッパーを中心に採用試験を受けていました。当社を知ったのは、第一志望だった企業から内々定をいただいた後のことです。偶然当社の採用サイトにたどり着き、『新卒社員VOICE』を見て、当社に惹かれ興味が湧いてエントリーしました。

井上

井上

私は、心から「この会社に入りたい」と思えるような企業に出会うことができず、このまま就活を続けていいのかと悩んだ時期がありました。そんな折、先輩から「井上に合いそうな、ひと味違う会社がある」と当社を勧められました。調べてみると、初任給の高さや勤務時間の短さなど、魅力的な条件がそろった会社でした。これが本当なら、求められているレベルが相当高いのだろう、というのが第一印象でした。先輩は選考で落ちてしまったのですが、それでも人に勧めたくなる会社だということが、エントリーした大きな理由の一つです。

伊集院

伊集院

インターンシップでは、新卒社員の先輩方の働きぶりが印象的でした。年齢が近いため、自分が働くイメージを抱きやすかったです。金額が億単位にのぼる商談を一人でされていて、お客様からの質問にも的確に答えるその姿に、「こんな社会人になりたい!」という思いが募りました。

井上

井上

当時入社1か月の先輩社員にJINUSHIビジネスについて説明していただきました。分かりやすく堂々と話をされていて、とても新人には見えず、「本当は何年も働いている方なのでは」と思ったほどです。会社や事業について詳しく語る先輩社員からは、他の企業とは異なる成長ができると感じました。

伊集院

伊集院

ベテラン社員の方からも、多くのことを学びました。みなさん「仕事が楽しくて仕方ない」と、会社や事業に対して非常に熱い思いを抱いておられたのが印象的でした。長年最前線で活躍してこられた方が、そこまで熱量を持って向き合うことができるJINUSHIビジネスという事業、そして日本商業開発という企業に、私も参加したいと強く思いました。

魅力的な「人」と、斬新なビジネスモデル。入社後に再認識した日本商業開発の強みとは。

井上

井上

多くの企業を受けたものの、「絶対に入社したい。この会社を逃したら後悔する」と思えたのは、当社だけでした。インターンシップが終了したときに、「日本商業開発に恋をしました」と全社員の前で発表したほどです(笑)。“就活は恋愛に似ている”と聞いたことがありますが、自分が追い求めていた会社に出会えたことが、本当にうれしくて。

伊集院

伊集院

入社を決意したのは、この会社こそ自分が一番成長できる環境だと確信できたからです。若手社員も、社長や役員の方と共に事業を動かしたり、意見を述べたりすることができる環境があります。当社をけん引する社長のもと、尊敬できる社員の方々とJINUSHIビジネスを展開していきたいと心に決めました。

井上

井上

入社してまだ2週間しか経っていませんが、重要な会議や商談に同席させていただいています。一般的な企業であれば、まだ会議室で研修をしている段階ではないでしょうか。常に自分に何ができるのかを考えて行動する必要があり、新人といえど、1人の社員であることを自覚させられる毎日を過ごしています。

伊集院

伊集院

確かに、自分たちで新しい道を切り拓いていく必要があると感じますね。ただ、入社前とのイメージのギャップはほとんどなく、「インターンシップでみたのは、ありのままの会社の姿だった」と実感しています。

井上

井上

今は、不動産や投資の専門知識がほとんどありません。社長からも「1年目は分からなくて当然で、知らないことは恥ずかしいことでも何でもない。とにかく質問すること」と言われています。どんな簡単なことでも聞くようにしていますし、ささいな質問でも拒まれることはありません。そういった環境をつくっている“人”が、当社の魅力であり、強みなのだと思います。

伊集院

伊集院

入社してから、JINUSHIビジネスの可能性を改めて感じました。投資家向けのプレゼンテーションの場に同席したとき、投資家の方が前のめりになって話を聞いてくださったことがあったのです。知識や経験が豊富な投資のプロの視点からも、画期的なビジネスモデルであることを実感し、当社の真価を再認識しました。

“ひと味違う”社会人生活がスタート。高い目標に向けて突き進む。

伊集院

伊集院

今はまだ先輩方の後ろについていくばかりですが、少しでも早く一人前になり、自らが中心となって事業を動かせるようになりたいです。将来的には、海外でJINUSHIビジネスをさらに発展させた新規事業を手掛けたいと考えています。越えなければならない壁は多いですが、スピード感と実行力のある当社でなら、自分の目標を達成できると感じています。 

井上

井上

今はとにかく、不動産関連の知識をどんどん吸収して経験を積み、早く先輩に追いつくことを目標にしています。宅地建物取引士の資格取得に向けた勉強もしており、会社のサポートを受けながら自分なりに努力し成長していきたいです。また、私たちは「将来の幹部候補」として採用されているため、数十年後には実力を伴った経営幹部になっていたいと考えています。プレッシャーは感じますが、決して辛くはなく、それを糧にして早く期待に応えられるようになりたいですね。

Profile

  • 伊集院 ほのか
  • 千葉県
  • 慶應義塾大学 総合政策学部卒
  • 名前
  • 出身地
  • 出身大学
  • 井上 要
  • 東京都
  • 慶應義塾大学 法学部卒