新卒採用 VOICE

インターンシップを通じて沸き上がった
「ここで働きたい」という思い。

栗木

栗木

インターンシップ情報が掲載された就職ナビからのメールで、「超難関インターン」というインパクトのあるキャッチコピーを掲げていたのが当社でした。どれほどレベルが高いのだろうという好奇心からインターンシップに参加しました。会社の実務に参加しながら社員の方々とさまざまなお話ができたのですが、不動産業界では他社からも一目置かれるような優秀な方々が数多く活躍されていることや、そうした先輩方の仕事に対する考え方や姿勢を知って感銘を受け、自身がここで働く姿も具体的にイメージできたので入社を決めました。

杉本

杉本

私は不動産業界を志望していたので、就職ナビで関連企業を検索していた際に当社を知りました。採用条件に書かれた給与額の高さから、相当難易度の高い仕事なのだろうと考えたのを覚えています。インターンシップに申し込んだのは、厳しい環境で一度自分を試してみようと思ったからです。実際の仕事を垣間見て、想像以上に専門性とプロ意識が求められることを肌で感じましたが、社員の誰もが「仕事が楽しい」ときっぱり言い切っていて、私もそう言えるようになりたいと心に沸き上がるものがありました。入社したいとはっきり意識したのは当社が初めてでした。価値観や社風が合ったのか、会社からもインターンシップ後ほどなく内定の連絡をいただくことができました。

栗木

栗木

他社のインターンシップと大きく違っていたのが、一般的な学生同士で行うグループワーク型のインターンシップではなく、社員の実務に参加し、現場のありのままを体験できるスタイルだったことです。入社してからどんな風に仕事をするのかがイメージしやすく、先ほどお話しした通り、入社を検討するのにとても参考になりました。

杉本

杉本

当時すでに数社のインターンシップを経験していましたが、そこで働いている人たちの本心を聞きたいと思っても、他社では模範解答ばかりで少し物足りなさを感じていました。だから「案件の達成感や正当な評価によってモチベーションを高く維持できる」といったリアルな声を率直に語ってくれる当社の先輩社員たちの人柄が、とても印象的でした。

仕事の裁量が大きく、
幅広いキャリアのロールモデルがある。

栗木

栗木

現在はグループ会社である地主アセットマネジメントに出向し、取得した土地の管理や新たな投資先の価値やリスクを調査するアセットマネジメント業務に従事しています。具体的には1年に1回、物件を数十件取得するのですが、それに向けて「どの物件をいくらで購入するのか」「その土地に問題はないのか」を段階的に精査し、12月の契約に向けて動いていきます。やりがいを感じるのは、自身の裁量に委ねられる部分が多い点です。テナント側からすれば、私が新入社員であることや営業経験が少ないことは何ら関係なく、プロとして対等に話ができなければなりません。若手のうちから緊迫したやり取りや、企業の取締役との一対一の打ち合わせなどを経験できることに手ごたえを感じます。

杉本

杉本

私も現在は地主アセットマネジメントに出向し、案件や所属しているチームこそ違うものの、栗木と同様の業務を担っています。商談で緊張した空気の中、落ち着いた振る舞いに努めたり、普段穏やかな上司が営業の場でスイッチが入ったように力強く話をリードする様から自身が目指すべきビジネスマン像を模索したりと、日々のあらゆる場面を学びの機会と捉えています。簡単にはアポイントが取れない組織や立場の方にお会いし、お話しできることも成長につながっていると思います。

栗木

栗木

入社して実感する当社の強みは、やはり「土地を買う、土地を貸す、貸している土地を売る」というJINUSHIビジネスです。建物の維持費などがかからないことで余計なコストを抑えられる当社独自のビジネスモデルです。また、営業マンはみな各々独自の仕事スタイルを持ち、しっかりと結果も出している一方で、それを鼻にかけることなく、相談すれば親身に応えてくださるところに良い意味でギャップを感じました。経営陣も含め社員同士の距離が近く、風通しのよい職場だと思います。

杉本

杉本

いろいろなタイプの営業マンがいて、新入社員の私たちから見て参考になるロールモデルが幅広く存在する会社だなと思います。「誰を目指せばよいか」、早い段階から目標を立てて、営業のやり方を勉強させていただけるのは、当社ならではの魅力だと思います。

タフな仕事でスピード成長しながら
常にその先を目指す。

杉本

杉本

入社当初は、専門知識が必要ということもあり、何をするにも上司や先輩に一つ一つ確認してからでないと仕事を進められませんでしたが、「この打合せにはこんな資料があると話が早くまとまるな」など一手先を読んで動けるようになってきました。当面はどんな案件でも対応できる一人前のスキルを身に付けることが目標ですが、最終的に目指すのは土地の借り手と信頼関係を築き、「このクライアントのことなら杉本に聞け」と社内でも頼られるような営業です。

栗木

栗木

入社前と比べて最も大きく変化したと思うのは、プロ意識ですね。入社後あまり時間が経たないうちに案件を一人で任され、不安やプレッシャーと闘いながらも途中で上司に仕事を預けることなく何とか完遂した時から、ここがプロのスタートラインなんだと非常に強く意識するようになりました。今後は不動産や土地の管理に関するできるだけ多くの知識・ノウハウを身につけ、「借り手側が魅力を感じる物件とはどういうものなのか」という観点を生かし、結果を出せる営業を目指したいと考えています。

Profile

  • 栗木 政行
  • 愛知県
  • 京都大学工学部卒
  • 名前
  • 出身地
  • 出身大学
  • 杉本 舞花
  • 東京都
  • 早稲田大学政治経済学部卒